テクノロジ

ダブルダイヤフラムポンプの利点

エアー駆動式ダブルダイヤフラムポンプは、多種多様な流体に対応する汎用性の高い作業馬です。設置場所に圧縮空気が供給されている場合は、頑強なポンプをすぐに作動させることができます。

ダイヤフラムポンプの作動原理

ダブルダイヤフラムは、前後に往復する2つの柔軟なダイヤフラムを使用する容積式ポンプであり、ポンプを通って流体を吸入して排出する一時的な空室を作り出します。

ダイヤフラムは、空気と液体との間の分離壁として機能します。

 

最初のストローク

 

2つのダイヤフラムは、エアバルブが配置されている中央部分を通るシャフトによって接続されています。

エアバルブの目的は、圧縮空気をダイヤフラムNo.1の背面に向けて、それを中央部分から離れる方向に移動させることです。ダイヤフラムNo.1は、液体をポンプから押し出すためのポンプストロークを引き起こします。同時に、ダイヤフラムNo.2は、吸入工程を実行しています。ダイヤフラムNo.2の後ろの空気が大気に押し出され、大気圧によって液体が吸込側に押し込まれます。

吸入ボールバルブは、シートから押し離されて、流体がボールバルブを通過して液体空室内に流れることを可能にします。

 

 

 

"

 第2ストローク

加圧されたダイヤフラムNo.1が、そのストロークの終わりに達した時、エアバルブの動きによってダイヤフラムNo.1からダイヤフラムNo.2の背面に空気の動きが切り換えられます。圧縮された空気は、ダイヤフラムNo.2を中央部分から押し出し、ダイヤフラムNo.1が中央部分に向かって引っ張られます。 ポンプ空室No.2では、吐出ボールバルブがシートから押し出され、一方、ポンプ空室No,1では逆のことが起こります。ストローク工程が完了すると、エアバルブは再びダイヤフラムNo.1の背面に空気を送り、繰り返し動作を再開します。

ダイアフラムポンプはどこで使用できますか?

ダイヤフラムポンプは、多くの業界で共通した場所に設置されています。下記のような難しい流体に対応するために多くの利用可能な幅広い数の構成部品材料が存在します。

  • 腐食性化学薬品
  • 揮発性の溶剤
  • 粘度や粘着性のある液体
  • 剪断に敏感な食料品や製薬製品
  • 汚水や研磨性スラリー
  • 小さな粒子の固形物
  • クリーム、ゲル、オイル

流体の取り扱い特性に加えて、エアー駆動式ダブルダイヤフラムポンプは、その業界の法遵守措置の中で、防爆地域、EC1935 / 2004、FDAおよび3Aの衛生的な用途向けに指定することができます。

なぜダイヤフラムポンプなのか?

エアー駆動式ダブルダイヤフラムポンプは、非常に多様な産業界のユーザーが、多種多様な流体を取り扱うために単一のポンプタイプで標準化することを可能にします。

圧縮空気の供給が可能な限り、ポンプは必要な場所に設置することができ、状況が変わるとプラントの周りを動かすことができ、容易に他の作業場に移設することができます。流体の取り扱いに穏やかなポンプ運転が必要かどうか、化学的または物理的に強力であるかどうか、容積型エアー駆動式ダブルダイヤフラムポンプは効率的で保守・管理が容易なソリューションを提供します。

 

 

 

"

弊社の用途については、私にご連絡ください。

弊社のポンプ担当者へ御社の用途に関するご質問等はございますか?どの様に御社の工程の手助けする事ができるかお聞きになられますか?お客様のご連絡先の詳細をお願いします。ポンプ担当者が
ご連絡いたします!