テクノロジ

ダイヤフラムポンプ工学

1950年代の最初の市場導入以来、エアー駆動式ダイヤフラムポンプの構造および基本的な作動原理は、初期のダブルダイヤフラムポンプと非常に類似したままでした。この構造は非常に単純なように見えますが、ポンプの交互作用原理のため、ポンプの漏れを防ぐために特別な注意が必要です。

ポンプの内部に液体を保持するために密閉するための2つの空室があります。ダイヤフラムと外側ポンプ空室との間の接触と、マニホールドと外側ポンプ空室との間の接触とが含まれます。

従来、クランプバンドやボルトが、ポンプ空室に隣接する部分をシールするために使用されていました。

クランプを使用することにより、特により大きなポンプやより高粘度の製品を用いる用途では、ポンプの動きによって引き起こされる応力が漏れを引き起こす可能性があります。この理由から、ヴァーダー社はボルト付き仕様を標準使用することを選択しました。ボルトはシール面上で分割され、シール領域上の圧力を均等にします。"

図面は、マニホールドと外側ポンプ空室との間のシール原理を示しています。

最初はまっすぐに見える様ですが、ヴァーダーエアーとして完璧な漏れ防止のポンプを構築するためには高度なエンジニアリングが必要です。

弊社の用途については、私にご連絡ください。

弊社のポンプ担当者へ御社の用途に関するご質問等はございますか?どの様に御社の工程の手助けする事ができるかお聞きになられますか?お客様のご連絡先の詳細をお願いします。ポンプ担当者が
ご連絡いたします!