テクノロジ

ダイヤフラムポンプ(メンブレンポンプとも呼ばれます)は、業界のユーザーが多種多様な流体に適したポンプとして標準化にできる容積型ポンプです。唯一の必要条件は圧縮空気の供給です。取り扱う流体によっては穏やかなポンプ移送が必要であり、化学的あるいは物理的に強力であるため、ダイヤフラムポンプは効率的で少ない保守・管理を提供します。

 

ダイヤフラムポンプはどのように機能するか?

 

ダイヤフラムポンプは、前後に往復動する2つの柔軟なダイヤフラムを利用した容積型ポンプであり、一時的な空室を作ります。2つの柔軟なダイヤフラムにより、ポンプを通して流体を吸入・排出します。ダイヤフラムは、空気と液体との間の分離壁として機能します。ダイヤフラムは中央部で1本のシャフトによって接続されています。

ダイヤフラムポンプの種類

ダイヤフラムポンプには、エアー駆動式ダイヤフラムポンプ(AODD)、直動式ダイヤフラムポンプ(EODD)、油圧式ダイヤフラムポンプと様々なタイプがあります。ダイヤフラムポンプの容姿は、典型的には金属材質と非金属材質に分かれます。。また、衛生的な用途のために特別設計されたダイヤフラムポンプもあります。これらは、バフ研磨されたステンレス製で構成されています。

ダイアフラムポンプはどのように使用されますか?

ダイヤフラムポンプは多くの産業界で使用されています。難しい流体移送のために多くの仕様を提供するのに利用できる膨大な数の構成材料があります。

流体の取り扱いに加えて、ダイヤフラムポンプは、その業界の法遵守措置の中で、防爆地域、EC1935 / 2004、FDAおよび3Aの衛生的な用途向けに指定することができます。"

ダイヤフラムポンプのメリットと作動原理の詳細については、ここをクリックしてください

ダイアフラムポンプ