テクノロジ

スクリューポンプの作動原理

スクリューポンプとは何ですか? スクリューポンプは容積式ポンプ原理に属し、スクリュー軸に沿って流体または固体を移動させるために1つ以上のスクリューを使用します。 歴史的には、ポンプは現場の水をより高い位置に移すためにアルキメデスによって考案されました。今日では、食品、乳製品、飲料、化粧品、医薬品、化学製品などの多くのサニタリーの用途でこのポンプが使用されえいます。

二軸スクリューポンプを選ぶ理由?

二軸スクリューポンプは、幅広い回転数で操作できる優れた機能を備えています。この特長により、これらのポンプは、低速で製品をポンプ移送するサニタリーの用途と高速でCIP流体の二つの機能を持つことができるので、追加のCIPポンプは必要ありません。この設計により、二軸スクリューポンプは低粘度製品 (1cps以下)、揮発性や気体状の流体に脈動のない流れを提供することができます。また、設計の結果、これらのポンプは高い真空を発生して、ポンプは自吸することができます。                                   JEC 二軸スクリューポンプは、EHEDGや3Aなどの最高級サニタリー仕様に基づいて開発されており、最も繊細なサニタリー用途に最高の衛生仕様と効率要件を満たしています。

二軸スクリューポンプの用途

➤構造的に敏感な製品のポンプ移送
➤固形物を含む液体のポンプ移送
➤多様な使用、CIP洗浄のために低回転や高回転で低い流量で運転
➤高粘度や低粘度の製品を高圧でポンプ移送する必要がある用途に適しています。
➤脈動の無い流れが必要な用途

Twin Screw Pumps