テクノロジ

蠕動運動ポンプのメリット

すべての蠕動運動ポンプは、柔軟なホースまたはチューブを備えており、耐摩耗性が高く、固形物、高比重.および高粘度媒体の移送を容易にする開かれた流路を備えています。世界で最も難しい流体の移送する能力にもかかわらず、ポンプ自体は穏やかな揚水作用をもたらし、ポリマーや魚類などのせん断に敏感な製品に適しています。

"ポンプの吐出量はポンプ回転数に比例します。そのため、定量供給に適しています。蠕動運動ポンプは小型から大型モデルまでと幅広く利用できるため、実験室から鉱山採掘用の用途に使用できます。

ホースはコンタミによる汚染を防止します。 安全性と安心のために、ポンプにはメカニカルシールがなく、ホースが破裂した場合には液体は安全にポンプケーシング内に納められます。

蠕動運動ポンプはどのように機能するか?

"蠕動運動ポンプは、様々な流体を移送するために使用される一種の容積式ポンプです。流体は、ポンプケーシングの内部に取り付けられた柔軟性のあるホースまたはチューブ内を通ります。

蠕動運動(ぺリスタルシス)と呼ばれる実際のポンプ原理は、ホースまたはチューブの圧縮と復元を交互に繰り返して揚水した内容物を回転運動により吐出します。

回転するシューまたはローラーがホースまたはチューブの長さ方向に沿って通過し、ポンプの吸入側と吐出側との間に一時的な空間容積が形成されます。ポンプのロータが回転すると、この空間内の圧力がチューブまたはホースに沿って移動し、ホース空間内にある製品がポンプから吐出配管に移動します。圧力が解放されると、ホースまたはチューブが復元して真空を作り出すことで、ポンプの吸入側で自吸能力を生み出し製品を揚水します。

これらの吸入と吐出の機能原理の組み合わせた繰り返し作用により、強力で完全な自吸能力を生み出しています。

比例注入

ポンプロータの2つまたは3つの空間の完全なシールは、製品の漏れがないことを意味し、ポンプの回転数と流量の特性と組み合わせると線状となり、蠕動運動ポンプが比例注入には理想的です。

接触による汚染がありません。

"圧送される液体は、強化されたホースまたはチューブ内に完全に納められているため、他の部分と接触することは決してありません。さらに、揚水された液体がホースまたはチューブ内に完全に納まっているので、これにより、蠕動運動ポンプは汚染の可能性がゼロに近い衛生的なポンプ機能を提供します。

また、このことはホースまたはチューブが唯一の消耗部品であるため、保守時間を短縮することになります。"