テクノロジ

Verderflex Rollitポンプが必要な5つの指標

市場には無数の異なるホースポンプがあります! それらを追跡することは困難です。それらはすべて同じ利点を提供するようです。 しかし、Verderflex Rollitは、他のペリスタルティックポンプには無い多くの機能が組み込まれています。 当社はVerderflex Rollitが本当に正しい選択である5つの状況を選びました。

1. ホースは頻繁に交換する必要があります。

塗料、ソース、または同じポンプで異なる化学薬品など異なる液体をポンプ搬送したい場合、問題はありません。 Verderflex Rollitのホース交換は、特別な工具なしで数分で実施でき、Rollitを使用すると、時間のかかる潤滑剤の排出や交換が必要ありません。

2. 脈動の無い 正確な定量注入がしたい

ペリスタルティックポンプが理想的な定量注入ポンプであることをご存知でしたか? それらの機能のおかげで、均一で線状の流量特性を有しています。 ポンプは、周波数変換またはその他の外部制御によって簡単に制御することができます。

3ローラのロータは、従来の2ローラのロータよりも脈動が少ないですが、より少ない脈動が必要な場合は、移相に組まれたロータを備えた2連ヘッドポンプで、Y型集合管を組み合わせて2イン1の流れで使用することもできます。

3. 4 bar(0.4MPa)以下の差圧が必要

多くのポンプ用途はシンプルで、4 bar(0.4MPa)未満の差圧が要求されます。これは、定格16 bar(1.6MPa)のポンプでは大き過ぎます。 このため、Verderflex Rollitは2 bar(0.2MPa)と4 bar(0.4MPa)のモデルが利用でき、ホースはそれそれの運転圧力を最適化しています。 これにより、長い耐用年数と同時に有利なホース価格を保証できます。

当社のVerderflex Rollitホースポンプは、特に低圧の用途向けに設計されています。 つまり、繊維補強されたホースは不要であり、その結果として必要なトルクが低くなり、同じ流量でより小さなモータを使用できます。 これはユーザーのエネルギー消費を軽減します。

4. 清潔な解決策が必要

ポンプ搬送される媒体は汚染されてはいけませんか? 問題ありません! ホースポンプの場合、ホースだけが媒体に接触します。 シールやパッキン、バルブなど、洗浄やメンテナンスの際に考慮する必要のある部品はありません。 食品をポンプ搬送するためにFDA CFR 21とEN1935 / 2004(EU 10/2011)に準拠したホースを承認し、最高の機械的強度と耐摩耗性を提供しています。

当社のRollitペリスタルティックポンプは、いわゆる「乾式運転」であり、ホースの冷却ための「湿式運転」の様な潤滑剤槽を必要としません。 つまり、ホースが破損した場合でも、プロセスに潤滑剤が混入されないことを意味します。

5. ペリスタルティックポンプを柔軟に使用したい

時には、異なる場所で柔軟なポンプが必要になります。 そのため、Verderflex Rollitに可動式架台を装備できます。 時々、同じポンプで異なる液体をポンプ搬送する場合もあります。ここでは、簡単で迅速なホース交換のメリットが得られます! 但し、ポンプ搬送された液体に対してホースに耐食性あることを確認し、使用前にホースを洗浄することを忘れないでください!

これらの内の1つの状況を御存じですか?

それでは、今すぐご連絡ください。乾式運転と湿式運転のどちらがお客様の用途に適しているか、経験豊富なエンジニアとご相談頂くのが一番です。 また、ペリスタルティックポンプと他のポンプのどちらが最適な解決策であるかをご連絡いたします。 相談フォームにご記入いただくか、新しいカタログでVerderflex Rollitの詳細をご覧ください。

弊社の用途については、私にご連絡ください。

弊社のポンプ担当者へ御社の用途に関するご質問等はございますか?どの様に御社の工程の手助けする事ができるかお聞きになられますか?お客様のご連絡先の詳細をお願いします。ポンプ担当者が

ご連絡いたします!