テクノロジ

配管条件 - ポンプの最高性能

1.配管工事は可能な限り短く直線的でなければなりません。

2.急な曲げや度重なる曲げは避けてください。

3.曲げは穏やかで、半径が大きく、理想的にはホース内径の10倍にすべきです。

4. Y字接続を使用し、チーズは避ける。

5.吸入側配管の加工は、配管口径が決して小さくならないようにしてください(最小口径はホースの内径と同じでなければなりません)。

6.理想的には、ポンプサイズの少なくとも150%でなければならない。 例えば、50 mmまたは2インチのホース内径を使用するVF50の場合、吸入側配管の内径は少なくとも75 mmまたは3インチでなければなりません。 製品の比重(SG)、粘度または線長が増加するにつれて、より大きな内径が要求されることがあります。 そのような場合は、ヴァーダーフレックスの販売店にご相談ください。

7.脈動消去ダンバーまたはエアーチャンバー式アキュムレーターは、ポンプの吸入側または吐出側のできるだけ近くに取り付けてください。 これらをポンプ接続ポートから離すと、ポートから1mの距離ごとに吸収効率が10%減少します。

8.簡単に作業(ホース交換など)ができるように、ポンプの側に取り外し可能な短観を設けます。 より好ましいのは、これはフレキシブルなホースにしてください。

9.配管上には、製品ドレン排出用のバルブが設けられる必要があります。 ホースポンプは容積式ポンプであり、吐出側配管内の圧力を逃がす安全装置(レリーフ弁やラプチャーディスクなど)を設けることが優れた設計の実践となります。

10.脈動が圧力計の数値を歪める可能性があるため、ポンプの吐出口から離れた場所に非接触型流量計を取り付けます。

11. 配管への脈動による影響を軽減するために、配管上にエキスパンションジョイントを設けてください。

12.フレキシブルホースが使用される場合は、常に ホースは仕様に適した材質で作られ、設備の最高吸入圧力や最大吐出圧力に適した物を使用してください。

13.ポンプ移送する流体に沈降しやすい粒子を含む場合、推奨されるように上部フランジポートを吸入側として使用します。