テクノロジ

従来の遠心ポンプは、大流量で、典型的には低粘度、そして小さな固体で移動させる非常に効率的な方法を提供し、より困難な流体を扱うためのモデルが用意されています。遠心ポンプは、回転力学の原理に基づくポンプです。 そのため、このポンプは汚染され研磨性のある液の輸送に最適です。

遠心ポンプはどの様に作動するのか?

遠心ポンプは、ケース内にインペラを有しています。モータ駆動によるエネルギーが流体に伝達される構造です。インペラには、クローズドタイプ、オープンタイプ、スクリュータイプなど、多くの種類があります。この特長により、水分の少ない清潔な液体から、ジャガイモや石灰液のようなスラリー懸濁液などの大きな固形物まで、さまざまな流体を取り扱うことができます。

遠心ポンプの種類

遠心ポンプには様々な種類があります。斜流遠心ポンプ、金属製、非金属製のマグネット駆動式遠心ポンプ、産業用向けの遠心ポンプなど。また、高い剪断性で混合する遠心ポンプもあります。

マグネットポンプ