About Verder

ヴァーダー 事業活動の行動規範

私たちの事業原則は、世界のどこにいても、ヴェルダー社の全員が従う運用基準について説明しています。 また、企業責任に対する当社の取り組み方もサポートしています。

行動基準

私たちは、正直、誠実、率直に、そして従業員の人権と利益を尊重して業務を行っています。 私たちは関係のある人々の正当な利益を同様に尊重します。

法律を遵守

ヴァーダー社と従業員は、当社が事業を展開する国の法律および規則を遵守する必要があります。

従業員

ヴァーダー社は、相互信頼と尊敬があり、誰もが当社の業績と評判に責任を感じる職場環境での多様性に取り組んでいます。 私たちは、人種、宗教、性別、文化を問わず、相互尊重に基づいて従業員が一緒に働くことを望んでいます。 従って、個々の従業員が同僚に宗教的や文化的信念を課すことは許可されていません。 私たちは、従業員があらゆる形や形態の性的脅迫を避けることを望んでいます。

私たちは、遂行される仕事に必要な資格と能力に基づいて、従業員を採用、雇用、昇進させます。

私たちは、すべての従業員の安全で健康的な労働条件に取り組んでいます。

いかなる強制的な形態、強制労働、児童労働も使用しません。 私たちは、各個人の技量と能力の開発と強化のために従業員と協力することを約束します。 私たちは、個人の尊厳と結社の自由に対する従業員の権利を尊重します。 会社ベースの情報や相談手順を通じて、従業員との良好な関係を維持します。

ビジネスパートナー

私たちの事業取引では、協力者が私たち自身と同じ事業原則を遵守することを期待します。

地域社会への貢献

ヴァーダー社は、信頼される企業市民であり、社会の不可欠な一員として、私たちが活動する地域社会に対する責任を果たすよう努めています。

公共活動

ヴァーダー社は、正当な事業上の利益を促進し、擁護するよう奨励されています。 ヴァーダー社は、合法的な事業利益に影響を与える可能性のある法案やその他の規制の策定において、政府や他の組織と直接或いは業界団体などの機関を介して協力します。 ヴァーダー社は政党を支持せず、党の利益を促進するための活動を行っているグループへの資金に貢献しません。

環境

ヴァーダー社は、環境への影響の管理を継続的に改善し、持続可能な事業を開発するという長期目標に取り組んでいます。 ヴァーダー社は、環境保護を促進し、環境問題の理解を深め、優れた実践を広めるために、他者と協力して働きます。

革新

当社の革新は、消費者のニーズを満足させる事に焦点を当てています。 これにおいて、私たちは消費者と社会の関心を尊重します。 製品の安全性に厳しい基準を適用し、信頼できる科学に基づいて取り組みます。

競争

ヴァーダー社は、活発でも公正な競争を信じており、適切な競争原理の開発を支援しています。 ヴァーダー社と従業員は、公正な競争の原則や適用されるすべての規制に従って業務を行います。

事業の誠実性

ヴァーダー社は、直接的あるいは間接的に、故意に事業ビジネスや金銭的な利益のために賄賂または他の不当な利益を与えたり受け取ったりしません。 従業員は、賄賂である、または故意に賄賂であると解釈される贈答品または支払いを提供、授与、または受領することはできません。 賄賂の要求または提供は直ちに拒否され、経営陣に報告されなければなりません。 ヴァーダー社の会計記録とサポート文書は、基礎となる取引の性質を正確に記述し反映しなければなりません。 未公開または未記録の口座、資金、資産は確立または維持されません。

利害対決

ヴァーダー社のすべての従業員は、会社に対する責任と矛盾する可能性のある個人的な活動や経済的利益を避けることが期待されます。 ヴァーアー社の従業員は、自らの立場を悪用することにより、自分自身または他の個人の直接的あるいは間接的な利益を求めてはなりません。

法令順守‐監視‐報告

これらの原則を順守することは、事業の成功に不可欠な要素です。 グループや部門のヴァーダー社全体と財務管理は、これらの原則がヴァーダー社全体に適用されることを保証する責任があります。 グループや部門のヴァーダー社全体と財務管理管理は、これらの原則を実装する責任があります。

日々の責任は、当社が運営する地域のすべての事業単位の上級管理職に委任されます。 必要に応じて、現地の要求に合わせた、より詳細な指導を通じて、これらの原則を実施する責任があります。 規範の順守は、グループや部門のヴァーダー社全体と財務管理者によるレビューの対象となります。